札幌のHAL。訪問リハビリテーション・訪問看護はヴァルハラ訪問看護ステーション。

ヴァルハラ訪問看護ステーション
〒063-0012 札幌市西区福井5丁目18-41 エトワール福井1F
011-215-7960
ヴァルハラ訪問看護ステーション

ロボットスーツHAL(ハル)

ヴァルハラ訪問看護ステーションでは、ロボットスーツHALを利用することができます。 最新技術を体験できますので、どうぞお気軽にお問合せ下さい。

ロボットスーツHAL(ハル)とは

HAL HAL(Hybrid Assistive Limb)は、当ステーションに常時配備されており、生体電位信号を読み取って動作する、世界初のロボットスーツです。

身体機能を改善・補助・拡張することができます。

利用者様の『立ちたい!歩きたい!』という思いに応えるサイボーグ型動作支援ロボットです。

当ステーションにお気軽にお問合せ下さい。

HALの種類

●福祉用(両下肢タイプ)

HAL福祉用(両下肢タイプ)

両下肢に使用し、立位・歩行を目的とした練習を行います

●自主支援用(単関節タイプ)

HAL自主支援用(単関節タイプ)

肘や膝関節に使用し、動作の練習を行います

対象者

HAL HAL(ハル)を利用するためには、医師が必要と認め、指示が必要です。

〇筋肉、神経などの障害により上下肢動作や歩行に不自由を感じる方、補助が必要な方など幅広い方を対象としています。
〇身長:150 ~ 170 ㎝程度の方
〇年齢:制限はありません。

※不適合
・筋肉からの電位信号が得られない方。
・失調症状が強い方。
・ペースメーカー使用中の方。
・著しい関節の変形がある方。
・体重80kg 以上の方。
・その他医師が不適者と判断する症状を有する方。
電話かメールでお問い合わせをする
ヴァルハラ訪問看護ステーション
〒063-0012
札幌市西区福井5丁目18-41
エトワール福井1F
011-215-7960
fax  011-215-7961
月-土 9:00-18:00
定休日 日曜日、祝日
ヴァルハラ訪問看護ステーションの地図
求人情報
株式会社リハ・イノベーション